打ち始めから2回転で全回転な怪物くんMAX

Pocket

DSC_0796

ひっそりと奥村遊機の機種が、ほんのすこ~しだけ好きだったワタクシ。スペックが好きで「うる星やつら」もかなり打ち込みましたからねー(負けてますが)。

そんな奥村遊機の最後の息吹というか・・・まあ、、、さよなら奥村遊機というか…そんな気持ちにさせてくれるのが「CR怪物くん デーモンの剣」ですな。今回は、そんな台の最初で最後の実戦メモですわ。

この台、打ってみたかったんですが、身近な店で手頃なスペックを打てる場所がなく、ようやく訪れた初打ちの機会はここ最近になって1円パチンコに導入されたMAXスペック。

甘デジの慶次で鬼ハマりを喰らった後、ヤケクソで着席したのでございます。。。安定のひどい回転率でありまして、命釘付近に玉が全く寄って行きません。

「こりゃ、無理だわ。さすがに」

と、思った瞬間2個めの玉がチャッカーにIN。赤エフェクトの予告。しかしながら、昨今のパチンコ台でおまけに演出バランス総崩れとして個人的に定評がある奥村遊機の台です。赤エフェクトが出たって、リーチになるのかすら怪しんでしまいます。

と、思ったらまさかの7テンパイ。

バトルタイプの機種は、経験上7テンパイからの発展はなかなかの熱さ。当たるまで安心できないけど、多少は熱いリーチが見られるのだらうか・・・と思ったところで訪れる群予告。そして、レインボーな予告。からの・・・

全回転!

流石に見事な大当たり。こんなこともたまにはあるからパチンコは、人生はオモシロイ。人生がうまくいくきっかけも、こんな偶然からなのかもしれませんな。

しかし、うまくいかないのがここから。継続率87%のバトルタイプをわずか8連で通常に落とすワタクシ。まあ、ほぼほぼ期待値通りなんでしょうけどね…。4000発強の出玉て。

ぱちんこCR怪物くん デーモンの剣(奥村遊機)レビュー

最初で最後の実戦となるだろうこの機種。せっかくのバトルタイプなのになんとなく確変中のテンポが悪いのは、やはり奥村遊機だからなのか。

MAXタイプとしては無難な出来という印象の本機だが、継続率87%の犠牲になったのが大当たりの出玉。7カウントで払い出される期待出玉は1500発ほど。それはともかく。兎に角右打ち中に玉が減ることに閉口します。

すぐに当たりを引ければ良いのですが、いかんせん1/107という当たり確率は荒れますな、そりゃ。こういうスペックにするのであれば、電チューはもっと安定して入賞してくれないと、テンポが悪くなりますね。バトルタイプ故に変動の早い回転、そしてパカパカパカパカ落ち着きのない電チュー。こぼすように調整された釘。

そりゃ、頻繁に保留切れになるしねえ・・・。ストレスになるよ、これは。

ただ、良い点もあって偶数テンパイでもそこそこ確変として大当たりしてくれる印象のところと、奇数テンパイしたら継続以上濃厚なところですね。その辺のわかりやすさや驚きは好みです。

液晶はレインボーがきたないのが残念です。トータルで台をデザインするディレクター的な立場の人材に乏しかったのか、それともあえてのあの汚さなのか。カラーデザインが残念でなりません。

とはいえ、悪化していく状況で頑張っておられたんだと思います。奥村遊機さん。

Leave a Comment.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)