迫るパチンコ店の禁煙・分煙、4月1日から

Pocket

2020年4月から施行が始まる「改正健康増進法」によって、パチンコ店内も原則として禁煙となります。一部のお店に通っている方ならご存知の通り、函館市内のパチンコ店では喫煙室を設けることで分煙対策を強化し、店内は禁煙にする前提で準備を進めるお店が複数あります。

営業中の店内の片隅で喫煙室の工事が続くお店がありますね。3月もそういう工事をあちこちのお店で見かけると思います。

業界メディア記事を覗いてみると、分煙対策によって加熱式タバコなどの可・不可も違うようです。ざっと以下のパターン

  • 喫煙室あり・・・喫煙室以外は全部ダメ
  • 加熱式たばこ(IQOSなど)エリアあり・・・加熱式たばこのみ店内の特定エリア内ならOK
  • 喫煙室なしの完全禁煙・・・全部ダメ

細かなルールは法律の範囲でお店が決めるので、詳しくはお店の考え方次第。
※法律上は電子タバコ・噛みタバコは規制対象外


1日3箱近く消費するヘビースモーカーながら病気をきっかけにタバコを完全に止めた自分からすると、スクリーンで仕切られてる現状で十分対策になってる(お店の空調による)ので原則店内禁煙はやりすぎな気がするんですけどね。
時代の流れはここまではっきり変えて行くのかぁ、という感想です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)