【閉店】あの店はこんな店:BON BON SEA

Pocket

海を臨む低貸しメインのパチンコ店

BONBONSEAは2018年1月14日に閉店しました→確認して来た
BONBONSEA(ボンボンシー)が閉店 2018年1月16日

【2016年5月チェック】

2016/5時点の店データ(最新はP-WORLDのBON BON SEAページ

住所:北海道函館市金堀町8-20
交通:
電話:0138-56-7100
設置台数:パチンコ240台/スロット117台
貯玉1日制限:未確認

※1パチ5スロ等は制限内容が違うことがあります。
※換金率・制限内容は店側の都合で変更できるので、上記内容が固定ではありません。

BON BON SEAはこんな店に見えた

【店 内】分煙ボードはないが、それぞれの台にエアーの吹き出し口がついていて、一応の分煙対策は施されている。こじんまりとした店内は、今風の小洒落た雰囲気ではなく、古き好きパチンコ店の雰囲気がちらりと香る。休憩スペースは小さいながらにソファと雑誌などが置かれている。2円、1円、0.5円と低貸しをメインに3レート用意されているパチンココーナーは自動計数機が導入されているが、パチスロの方は全台箱使用。20スロはジャグラーを中心としたAタイプのシマと新しめのバラエティシマの2シマ、残りは8スロが1シマ、4スロが1シマ。

【おトイレ事情】このBON BON SEAがあった建物は、元々ソレイユというパチンコ店だったりしてかなり古いのは事実です。しかし、たいへん清潔に保たれており、スタッフの方々の心遣いと努力を感じます。

【立地・近隣事情】大森浜、すなわち津軽海峡に面した立地で、晴れた日の日中などは本当に気持ちが良い場所。漁火通に面していることと、バス停が近くにあることでアクセスは良好と言えなくもない。少し函館山方面に足を進めるとひまわり日の出店やインディ函館店が、空港方面に足を伸ばすとイーグルがある。この地区の低貸しユーザーの御用達のお店になっているかとおもいきや、客付きは2016年5月現在インディ函館店の1人勝ちといった印象だ。食堂は駐車場に「おふくろキッチン」がありますが、営業しているのかどうかは謎。2015年には営業していたというブログ記事がありますし、更新されていないツイッターアカウントなんかもあったりして。

【個人的な結論2016/5】個人的には2円のパチンコがちょうどいい塩梅のレートだと思っているので、2円で機種がインディよりも豊富ということから、たまに立ち寄ったりする店。平日の昼間はのどかであずましく、ゆったりと遊戯することができる。しかし、稼働面については厳しいものがあるようで、特に20スロコーナーはローカル店の割には最新機種の導入があるものの終日稼働がつかないなんてこともあるようだ。4スロコーナーは賑わっている印象。ほぼ低貸しにしぼった店作りは潔さを感じるが、かつては頻繁にレート変更があったりと落ち着かない印象だった。ここ最近は20スロ、8スロ、4スロ、2円パチ、1円パチ、0.5円パチで固定されているかなー。

状況はやはり、稼働に比例して良いとは言えない雰囲気ではある。8スロコーナなどには、懐かしい台が残っていたりするものの、朝からじっくり投資して遊びましょう!という気持ちにはなりづらいかなあ。

空も海も青い日は、なんとなく立ち寄りたくなっちゃうんだけど。。。会員カードの再プレイは店内を見渡しても「5000発まで…」などの注意書きが見当たらない。ひまわりも無制限で貯玉再プレイできるし、もしかしたらこの店もそうなのかも。しかし、状況があまり芳しくないので、会員カードを作ってまで通おうとは思えないのも事実。今はなき奥村遊機の「南国麻雀」やら「マジカルハンター」とか残っているんだけど。翔さんが活躍するまで我慢して遊べないと思うんだよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)