あの店はこんな店:パチンコひまわり函館店

Pocket

【2017年12月チェック】昭和2丁目、国道5号線沿いにある設置合計528台の中規模パチンコ店。平日日中は客が少なめでのんびりな雰囲気だが、夕方以降は仕事帰りの客が増えて雰囲気がかなり変わる。
パチンコは4円5島1円3島。パチスロは20円のみ4島。最新台も複数台入るが何でも入れているわけではなく選んで入れている感じはする。パチンコ島は最近はさすがに新基準ミドルが増えてきた。以前の機種のバラエティ島の台数もあるが状況は正直厳しい、やもうえないところか。全台が各台自動計数で快適。パチスロはジャグラー島、GOD+メインART島、Aタイプ+ART・旧ATが2島の構成。バラエティ度はちょっと低め。
ひまわりオリジナルアプリがあり、iphoneとAndrodで最新の出玉データと履歴がチェックできる。

2017/12時点の店データ(最新は公式サイトの函館ひまわりのページへ
※ひまわり各店はP-Worldでの掲載をやめたようです(2018/9)

住所:北海道函館市昭和2丁目177
交通:国道5号線沿い、ラッキーピエロ昭和店並び
電話:0138-44-1122
設置台数:パチンコ352台・スロット176台
換金率:パチンコ28個・スロット5.6枚(2015/09時点)
貯玉1日制限:制限なし?

※1パチ5スロ等は制限内容が違うことがあります。
※換金率・制限内容は店側の都合で変更できるので、上記内容が固定ではありません。

ひまわり函館店はこんな店に見えた

【店舗】2階建て立体駐車場あり。パチ・スロとも分煙ボードなし、肘置きなし、台間は狭め。パチンコ1円4円とも各台自動計数。しっかりした休憩コーナーはないが窓側にベンチ・漫画本棚あり。

【立地】国道5号線沿いということもあってか、時間帯の稼動変動を見ていると仕事帰りの客層が多めに見える。出入り口は5号線側のほか裏側にもあり。

【近隣事情】2012年に開店したロイヤル函館店が約500mで存在。JR五稜郭駅まで行くとスロットカフェモナコ、産業道路側にパチンコボンボンがある。2015年ベガスベガス函館昭和店が開店してさらに競争が激しくなったが、2年が経ってなんとなく棲み分けが出来ている感じがある。

【個人的な結論2017/12】週末や旧特定日などにジャグラーやメインART島の一角で高設定らしき台が多めに見られることがある。パチンコでは、最新台はともかくそれ以外の島では混み過ぎずまったり打てるので好みだけど、ちょっと状況が厳しめなのが惜しいところ。(パチンコ機種のバラエティ度としてはベガスベガス吉川店が最も高いし台数も多いが、あちらは状況がさらに厳しめ)
ひまわりは系列の日乃出店とともにパチンコ全てが各台計数。モリモリアピールで高稼働ではなく、運営コストカットで手堅く運営、ということなんだろうか。パチンコもどんどん規制が増えるしパチスロも何れ6号機時代が来る。低貸し強化と合わせて、こういう低コスト路線が生き残り経営方針の王道の一つかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)