あの店はこんな店:パーラーパチパチ湯川店

Pocket

※2014年3月に書いた記事を一部書き直したものです

【2015年9月チェック】設置台数500台の中規模パチンコ店。パチンコは全340台で4円6島、1円4島。パチスロは全160台、1島が2円ス ロ、他は20円。
函館で計3店舗を展開する地元チェーン店で、設備・内装とも綺麗で整ってる。最近は火曜日など他店と別の曜日に新台入れ替えをしているようだ。
パチンコ設置台の島構成としては、バラエティ多め、甘デジ・羽モノ島あり、新台・定番が2島ありとバランスよさげ。
パチスロはジャグラー島が2島弱あり、稼動もある程度ある。2円スロは稼動はけっこうよさげだったので、地域常連の遊び場として定着しているのかも。
規制前の定番イベントのひとつが8の付く日のパチパチデー、現在でも稼動はいい模様。他の旧イベント日状況は不明。

2015/8月時点の店データ

最新はP-WORLDのパーラーパチパチ湯川店ページへ

住所:北海道函館市湯川町2丁目10番
交通:函館市電湯の川温泉電より停徒歩3分
電話:0138-59-0088
設置台数:パチンコ340台/スロット160台
換金率:パチンコ確認中・スロット確認中(他店同様らしい)
貯玉1日制限:未確認

パーラーパチパチ湯川店はこんな店に見えた

【店内】分煙ボードなし、肘置きなし。店内にくつろげるソファのほか1000冊を越えるマンガ、さらに休憩スペースとして畳の小上がりに座布団とテーブルがあったりと充実。無料のコーヒー提供や地元の逸品を使った景品企画など、居心地重視の店づくりで地域密着度が高そう。郵便局側出口すぐに換金所。

【立地】歴史ある温泉宿泊地で温泉ホテル地区の中心。その昔はKINGの店舗だった。湯の川商店街の中心付近でもあり、市電路側の駐車場は夏になるとよく地域の祭りやイベントに提供されている。花びしホテル、函館東郵便局向かい、すぐ目の前に足湯がある。湯の川温泉電停から徒歩3分。
昔は食堂がテナントで入っててウマかったのだけど今はないのが残念。

【近隣事情】湯の川温泉地区は元々パチンコ店が多かったエリアだが、景気減速や4号機終焉、イベント規制への流れの中で減少して現在は3店舗が営業。近年だと本通に2012年末に新店が登場、少なからず影響を受けたように見える。
パチパチ湯の川店や近隣店を見ていると、地域密着度が高い店作りが生き残りの方策だったのかなと思える。

【個人的な結論2015/09】店内が薄暗すぎて、特にパチンコ島はオッサンにはツラ イ、目が疲れる。雰囲気もマイナスに見える。台数的に手ごろな構成なので、特に新機種複数台設置のパチスロ島は、もう少し稼動が高ければなぁと思ってしまう。ジャ グ系は稼動まぁまぁ。
パチンコは基本辛め。(カウンター・マンガ側の新台島なら少しはアリ?)バラエティで好きな機種に巡り合っても辛い思いをすることが多いので足が向かなくなってしまう。
実は一時期よく通った店。当時はほぼ毎日札イベント機種イベントをやっていて、ガチな打ち手も集まっていたし学生達もよく来ていたが、久々に覘いてみると近隣の常連客がひとときを過ごす地域密着ホールの雰囲気が強くなってて、これはこれでアリなんだろうなと思ったりする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)