各台玉計数1円

あの店はこんな店:マルハン函館港店 マルハン函館港店

あの店はこんな店:マルハン函館港店

函館エリアで2店舗ある1000大規模パチンコ店(※)のひとつ。 ※ほかにはベガスベガス函館吉川店、函館昭和店、ダイナム上磯店。 2018/7時点の店データ 最新はP-WORLDのマルハン函館港店ページか公式ページへ 住所:北海道函館市港町二丁目12-22 交通:函館市中心部から227号線を進むと北大…
【閉店】あの店はこんな店:BON BON SEA BON BON SEA

【閉店】あの店はこんな店:BON BON SEA

海を臨む低貸しメインのパチンコ店 BONBONSEAは2018年1月14日に閉店しました→確認して来た BONBONSEA(ボンボンシー)が閉店 2018年1月16日 【2016年5月チェック】 2016/5時点の店データ(最新はP-WORLDのBON BON SEAページ) 住所:北海道函館市金堀…
あの店はこんな店:ベガスベガス函館昭和店 ベガスベガス函館昭和店

あの店はこんな店:ベガスベガス函館昭和店

(2016/1更新)グランドオープン2015/12/29、函館エリアで最も新しい最大規模パチンコ店。マルハン函館港店、ベガスベガス函館吉川店、ダイナム上磯店など1000台程度が最も大きかった規模だったが、今度の新店は1300台と大きく上回った。将来の薄利多売化傾向を見越した規模では。 スロットは20…
あの店はこんな店:ベガスベガス函館吉川店 ベガスベガス函館吉川店

あの店はこんな店:ベガスベガス函館吉川店

広々店内+立体駐車場の大型パチンコ店 【2016年7月チェック】4月の後半に数日かけてリニューアルしたベガスベガス吉川店。2015年12月に新店舗が昭和地区にオープンしたことで今後の行く末についてあれこれ憶測を呼んでいた同店だが、どうやら低貸し方面に強くギアを入れ始めた模様。大きな変更点としては、1…
あの店はこんな店:パチンコひまわり函館店 パチンコひまわり函館店

あの店はこんな店:パチンコひまわり函館店

【2017年12月チェック】昭和2丁目、国道5号線沿いにある設置合計528台の中規模パチンコ店。平日日中は客が少なめでのんびりな雰囲気だが、夕方以降は仕事帰りの客が増えて雰囲気がかなり変わる。 パチンコは4円5島1円3島。パチスロは20円のみ4島。最新台も複数台入るが何でも入れているわけではなく選ん…
あの店はこんな店:ライジング函館五稜郭店 ライジング函館五稜郭

あの店はこんな店:ライジング函館五稜郭店

本町・五稜郭エリア繁華街中心部の大型パチンコ店 ※2014年8月に書いた記事を一部書き直したものです 【2019年5月チェック】テーオーデパート向かい、アミューズメントプラザテキサス函館(元パボッツ函館)1階を占める大型パチンコ店。中年以上の人には旧西武デパートと言ったほうが伝わりやすいかも。パチン…
あの店はこんな店:ロイヤル函館店 ロイヤル函館店

あの店はこんな店:ロイヤル函館店

※2014年3月に書いた記事を一部書き直したものです 【2017年11月更新】2012年4月新規オープンのパチンコ店。設置720台。函館でパチスロ島の稼働率が高い店といえば必ず候補に上る店名のひとつ。 パチンコは最近の改装で4円1円が中央通路を境にはっきり分かれ、ぼんやりスペックで分類されている。改…
あの店はこんな店:パーラーKEIO(パーラー京王湯川店) パーラー京王湯川店

あの店はこんな店:パーラーKEIO(パーラー京王湯川店)

【2018年7月チェック】設置台数479台の中規模パチンコ店。2017年にリニューアル。パチンコは4円1円に0.1円を加えた計303台、パチスロは1島が2円、ほかは20円で計192台。 (店名表記はパーラー京王湯川店から現P-World表記の「パーラーKEIO」に合わせました) パチンコは海の島以外…
あの店はこんな店:プレイランドハッピー本通店 プレイランドハッピー本通店

あの店はこんな店:プレイランドハッピー本通店

2012年末登場の大型パチンコ店 ※2014年3月に書いた記事を一部書き直したものです 【2018年4月時点】設置640台の大型パチンコ店。2012年12月末にPlay Land HAPPY函館道南初登場として新築オープン。店舗裏に大型駐車場、店舗階上に大型の立体駐車場を備える。店内は白を基調とした…