あの店はこんな店:マルハン函館港店

Pocket

函館エリアで数店舗ある1000大規模パチンコ店(※)のひとつ。

※ほかにはベガスベガス函館吉川店、函館昭和店、ダイナム上磯店。

2016/8時点の店データ(最新はP-WORLDのマルハン函館港店ページ公式ページへ

住所:北海道函館市港町二丁目12-22
交通:函館市中心部から227号線を進むと北大水産学部と港中学校の手前・函館バス「港中学校前」そば
電話:0138-44-7777
設置台数:パチンコ640台/スロット320台
貯玉1日制限:パチンコ2500玉・スロット500枚

※1パチ5スロ等は制限内容が違うことがあります。
※換金率・制限内容は店側の都合で変更できるので、上記内容が固定ではありません。

マルハン函館港店はこんな店に見えた

【店内】パチンコ分煙ボードあり、台間普通~広め、パチンコ4円は箱使用、1円は自動計数。正面入口から4円島、1円島。区切りから奥がパチスロ島で壁側に5円パチスロ。店内の休憩スペースは椅子がいくつか、パチスロ側の壁沿いに椅子。食堂あり、食堂側にマッサージチェアと休憩スペース。2016/8現在は休憩スペースに漫画雑誌類はなく新聞系のみ。マルハン公式の「マルハン’s NET」でデータチェック(一部有料)が出来る。

【立地・近隣事情】立体駐車場がなく、海の目の前で見晴らしもいい場所なので冬は過酷。近隣店はゴリラ函館港店と低貸し専門のイーグルアクア。近隣4円20円の稼動面では一強だが、実際には昭和方面から北斗市方面まで距離が離れた大型店同士で浮遊客を取り合っている。

【個人的な結論2016/8】マルハンなので当然だけど接客の質が他店のそれと一線を置く。ぶっちゃけ好みではないけど、ただ丁寧な対応を真似てるだけの他系列店と違い余計な時間をかけすぎてないと感じるのは、長年積み上げられたノウハウゆえかも。

パチンコは、傾向として人気新台の導入台数が多めで、そういう方向の集客を常に意識しているように見える。ミドル~甘は他店同様バラエティ度が高い傾向が続いていて、2016年いっぱいはこんな感じでは。リスト機種の撤去が済む来年以降こそ腕の見せ所かも知れないが、さてどうなるか。
パチスロは、正直言ってはっきり強いものが見えない(他店並み)。弱すぎもしないのだけど、では混みすぎないから居心地がいいかと言われるとそうとも思えず、これも好みの問題か。

ひとつ思うのは、この店はイベント規制を経由し、特に東日本大震災あたりを境に大きく印象が変わってきた気がするということ。それは社会環境や客側の変化の結果なのか店として方針を変更してきた結果なのかわからないけど、特にパチスロについては段々を足を運ばなくなったのは確か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)