パチスロ暗黒時代来る?(えまのん

Pocket

規定が厳しくなって、ますます出玉になりにくくなることが予定されるパチスロ(と、パチンコ)。勝てるから打ちつづける、って人はそもそも程度の悪い依存症にはなりづらいはずなので、それでも依存症として残るのは本当に危険な依存症の人だけだと思うんですけどねえ。出玉を規制しても何の解決にもならないかと。普通に頭を使って普通に店の状況を読んで闘えていた(闘えてないとも言う)時代に戻りたいものですなー…。

そんなわけで秋ぐらいにかけて新台がてんこ盛りで導入されるらしいんですが、広告規制が厳しくなったり、そもそも突然「これこれの台はいついつまでに撤去せよ」みたいなお達しが来るようになってから、北海道のホールでは新台をシマでどすっ!っと入れるお店が激減ですね。それゆえか、導入の時期も遅くなったりして。

事故ってガッツリ出るか、逆にちっとも出玉にならないで金だけいれて終わるか、そんな両極端な台が多いですねー。仕事やる気にならないので、最近の実戦日記のようなものを書いてみよう。

ここ最近機会があるとつい打ってしまう「麻雀格闘倶楽部2@KPE」

ほぼほぼ設定狙いはできない(と思っている)んですが「麻雀格闘倶楽部2」が結構面白くてついつい打ってしまいます。自分がレア小役を引けている日は、抜群に面白いですねー。周期を把握していれば、狙い所、やめどきも最近の台にしてははっきりしていますしね。

  

ゴールデンウィークくらいからしぶとく打ってます。なかなかまとまらないんですけどねー。8000分の1くらいのフリーズのフラグもまあ、何度か引けてるので、そこそこ相性は良いものと思われます。しかし、まとまらない時は泣ける。写真はつい最近はじめて見たんだけど、ART中残り20Gで唐突に「麻雀戦士オレンジマン」のOPが始まって、残ゲーム数が0となった瞬間に100G乗りました。

80Gだったという例もあるようなので、50G以上の上乗せの一部で出る演出なのかな。しらんけど。

…面白さを書こうと思ったんだけど、書いてて何が面白いのかわからんくなってきたよね…。二階堂姉妹とか小島先生とか仲田さんを愛でるのが楽しいだけなのかもしれません…

ここ最近の新しめの台は、MBとかCBとかをうまく利用してどーぞこーぞしている台が多いですね。何ゲームかのMB中ではチェリーが引きやすくなるので、抽選が有利になりやすい的な感じで。

番長3もそうですな。対決中はCZのようなもので、ベルを引くと負け戦だったとしても逆転抽選してますし、うまくMB絡めれば次ゲームのベル以上が約束されるので美味しい。

好きだった初代政宗には遠く及ばない政宗2

もともとエスパー気味で推し順あてはまあまあ得意なので、初代政宗ではそれなりにぶいぶい言わせたものです。そんなわけで、政宗2が出ると聞いた時は心が踊りました。が、そうそうに客がぶっ飛び、狙えそうな履歴の台も見つからずようやく何日か前に初打ちに至ったわけですよ。

んで。

この台の目玉秀吉決戦も、しょっぱなのARTでぶち込めたわけで。さすが私!と、ドヤ顔で写メ撮りましてな。意気揚々と打ったんですが、継続率50%だったんでしょうね…。即落ちです。30G乗っけただけ。

で、純増も減っているので、仕方がないことなんですが、80Gくんだりではなかなかどうにもなりません。玉が増えません…。そのわりにチャンス役を引いてからの結果が出るまでにながーい前兆がありイラつきMAX。この台もMBがある台なので、うまく引くとメダル持ちが良いのでそれはいいんですが…

BBを搭載していない台なので、瞬間的に出玉が増えるということが無く、なかなかどうにもならない仕様。対決中、武将によって対応小役で逆転抽選をしていることや、規定ゲーム数までの様子を「見える化」してる仕組みはいいんだけど、瞬間的にでも出玉が増えてる!ってターンがないと、やっぱり間延びした印象になってしまいますねえ。

ユニバーサルから発売された新台の猪木もそうですが、もう少しグッとまとまる展開がないと、ARTのG数が増えても打ってて辛い。まあ、まとまる展開と言うか、メリハリなんでしょうかね…。イノキはARTを5段階のレベルに分けてそれぞれ20G ずつの区切りを付けたのは良いと思うんだけども…。それぞれ可変のG数にした方が面白かったように思う。基本20Gでその後の最初のベルorリプでそのレベルを延命できるか落とされるか判定、とか。

閑話休題。

秀吉決戦でG数を鬼のように乗せてぶっ刺すというのが王道の展開なんでしょうけど、ちょっと難しそうだなあ。番長3で差すほうが遥かに簡単な気すらしてしまった。BB搭載しててくれれば、頑張って打てそうなんだけど、ちょっとなー。。。当たりやすいといえばそんな気もするけど。

好みの台がどんどん撤去されていく

入れ替えのペースが早いので、好みだなーと思った台がすぐに2軍落ちみたいな感じになります。入れ替えと言っても最新台への入れ替えよりも、過去の純増3枚AT機を引っ張り出してきて入れるとかそんな感じ。おまけにそれに設定が入るわけでもないので、ホールは出玉を出す気なんて微塵もたぶんない。

今年は攻殻機動隊2ndGIGが好きだったんですが、あっという間に2軍落ちしてもうナカナカ打てませんね…。それでもここ数年ではしっかり中段ベルなんかを数えながら打った方ではあるんですが。

好きではないけど狙いやすい機種新台の「花の慶次」

狙い所がまあまああるので、見つけては触ってます。いまんとこ、5スロで中段チェリーを2回引いて、そこからの3000枚がMAXでしょうか。20スロでもやらかしたいものです。ART中はリプを3回連続で引く前にベルやレア役を引けば良いので、仕組みがわかってしまえばあたかも私向きの台ですね!

しかし、あの朱槍役物を押し込んでハズレる時はまあまあ恥ずかしい(けど、けっこうある)。

とりとめもなくダラダラと書いてしまって、各機種にリンクも貼らずw書きっぱなし。

 

Leave a Comment.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)