headerimage01.jpg

 はい、またまた久しぶりの更新です。(すえ吉はどーした!)

番長2も導入され、年内の大型機種は残るところ「北斗」・「赤ドン雅」といったところ。個人的にはアリスト大好きなんで、「巨人6」も期待しているのですが、大量導入=看板機種となるのは前述の3機種になりそうですねー。

イベント規制後、いろいろなホールの設定状況だったり釘の状況が変わったりと、立ち回りに悩むこともあったりなかったり。パチスロはどーしても、新台に力が入っている様子ですな。番長2は最近よく打ちますが、頂ラッシュ→図柄揃いARTボーナスのループに持ち込まないと「勝ち」が見えない機種なのでなかなか難しいですな。とはいえ、モンキーターンと同じように熱いゾーンがあり、かつての4号機のような狙い方・立ち回りができるので、良いような悪いような(悪いと色々引っ張られますやん?)。

それはさておき、今回の記事は「CRF らんま1/2 魂」のネタ。導入店舗は函館市内だとまあ、限られてしまうのですが、およそ1/160で1回の当たりでの出玉が800玉くらい、確変率が65%でしたっけ?そんな感じのとっつきやすいスペックというのと、世代的にピンポイントヒットだというわけで、打てる釘っぽい時は触ることが多いです。導入当初は渋々の釘であることが多かったのですが、10月に入った当たりかな?命釘が開けられていることが多く、ステージとその周りの釘や台の調子次第で、ボーダー越えのターンもそこそこあったりして、つい最近も実践してきたんですね。

開始1kで赤鏡?保留から潜伏確定の呪泉郷モードへ。そこから程なくして、またまた潜伏確変。呪泉郷の時はヘソでしか抽選が受けられませんからね…そういうこともあるでしょう。ただ、潜伏→潜伏の場合、電サポが付くのでそこからはスムーズに。しかし、10R10R10Rとあっさり転落。そのまま打ち続けると、程なくしてまた呪泉郷で潜伏。そして潜伏…。お次は10R10R5R…。う~~~ん。そして、さらに打ち続けると半箱が無くなったところで潜伏…。そして、そこであろーことか60回転もハマってしまい、出玉を削られる結果に。挙げ句の果てに出玉有りは1回。やれやれと思って打ち込むと突然桜柄の保留が登場。

これが疑似4からのストーリーリーチ→ハズレ→復活4揃い。

しかし、セグを見るとなんとなく安い方(通常)のセグっぽい…。案の定、2個目のアスレチックをクリアできず、時短。な~~~んにも起きずに通常へ。一箱を残して打ち進んでもな~~~~んにも起こらない。回りは相変わらず1k20回転で、ここ周辺の台ではなかなか秀逸。しかし、早い当たりが続いていたことと、どーにも「出るぜ!」という展開の匂いが感じられない。そんなわけでヤメ。

同じくライトスペックの巨人の星へ移動するも、周りにムラがある状況で、なおかつ気分的に「なんか駄目」に。結局負け戦なのであった。

パチンコって、気持ちが下がっちゃうとあきまへんな。できるだけフラットな気持ちで打たないと出玉を作れないような(そんなオカルト)。


390500109.jpg

 twitterでもさんざん自慢したのであれなんですけど、念願のビクトリーボーナスを引けました。猿くんで。すえ吉には呆れられているのですが、アリスト系列の台がやっぱり好きみたいです。。。なんとなく、そろそろ設定が入るのでは無かろうかと某店の猿くんを狙いまして、朝から強めの小役を連発。ARTに入り、弱チェリーで200G乗せ、さらにX揃いをかまし、ARTの1G連が確定した状態で、マターリと回していたら、フリーズ来ました。うふふ。

さらにそのあと、良いモードで強いレア小役を頻発させたら、ビクトリーロードへ行きまして、なぜかビクトリーロードが3回ループ。結局400Gしか当選しなかったのですが、大分興奮しました。ちなみに、ART中レア小役が全く引けなくなり、上乗せ50Gくらいしかできず、天国ループも2回で抜け(涙)、大事を取って止めましたけどね。ええ。ええ。

 ざわ・・

ざわ・・

すっかりカイジで福本ワールドにハマってしまった私が見逃す訳にはいかないですねー。パチスロ「銀と金」、すでにガチで2回ほど打っています。ガチっていうか、真面目に打つっていうか。

twitterの方でもつぶやいたのですが、ところどころ残念な部分がありつつも、ゲーム性やおもしろさは私好みです。本機のウリは、ART中の上乗せCZ「供託金モード」。レア小役でCZに当選すると発動。抽選の仕組みはよくわかんないけども、まあ、やらかす時にはいきなり800Gとか上乗せしちゃうわけです(この前、上乗せしてた。隣の台がw)。

ボーナス重複のメインはチャンス目(1枚役)ですが、重複率が高すぎるのは低設定の証でもあり、高設定ほどスイカから当たるというルートが大切になるようです。そして、出玉をプラス方向に持っていくために欠かせないのが通常時からのART当選。こちらは、奇数設定の方が優遇されているようです。なんだか大型攻略ムック本なんかも出ているようで、タイヨーエレックさんの本気ッぷりがみてとれます。

流れ的には、レア小役・ボーナスを契機に高確率へモードアップさせて、そこでさらにチャンス目や強チェリーを引いてARTをめざし・・・上乗せとボナで出玉を獲得するっと。

低設定でも一時的に出玉を獲得することも可能な台ですが、低設定は激辛です。

続きを読む

なんという自虐(えまのん

  • 雑記

 アルゼさんのブログを読んでいたら、ふと懐かしの機種カテゴリーを発見。懐かしいといってもだいたい2年前とかそんなもんですけど。

「代紋take2」

アルゼのちょっと前の筐体(サクラ大戦)を使用した台で、RTが付いてるボーナス主体型のシステム。任侠ものが好きというわけでは無いのですが、絵柄がわりとすっきりしていて好きだったというのと、演出が結構好きだったということで、個人的には「絶対設定はいってねーよな」と思いながらも触ってしまう台でした。

パチパチ桔梗店さんとかに結構導入されたりしていましたが、日の目を見ないままボッシュートになってしまった機種という印象です。たぶん、爆裂ARTが流行りだした時期(全緑ドンとか)だったりしてRTが時代遅れだったこと、それから筐体が古かったのと、コンテンツが地味だったことが災いしてイマイチパッとしなかったのですねえ。

 

アルゼさんのブログでもちょっと自虐風味に触れられていて苦笑い。

 記事の更新をしないのもアレなんで、新台をチラッと打った記憶を元にざばばっと新台レビューを書いていきたいと思います、はい。

8月に入ってイベントが規制になって実質上機種イベントは出来なくなってしまいました。そんな中でも函館にも(?)新台が続々導入されています。ざっと思いつくだけでも、

・ミリオンゴッド
・政宗
・銀と金

パチンコでは、「エースを狙え!」とか「エースを狙え!」とか。←
 

まあ、一応スロブログですので、パチスロを中心にレビューしていきたいと思います。今回は、大都技研から発売された「政宗」。例によって、空き台になった夜にすばばばばっと座ってちょろっと出したという感じです。名前的にはさぁ、「番長」とか「吉宗」とかそんな感じで正直、おぃおぃと思ってみたりしましたけど・・。

続きを読む

スロットに無理ゲーが増え、Aタイプの台は扱いが悪いという悲しい状況なため甘デジを打つことが多かった2011年前半。…というか6月。

ニューギンさんといえば、アタシ的完璧オカルトですがw

謎の連チャンモード

ですよね…?

甘デジだろーがMAXだろーが、鬼のようにハマルターンがあるかと思えば、おまえら極甘デジだろ!ってくらいに確率分母以内で当たりまくるターンが訪れることがある…それがニューギンの連チャンモード(注:完全にオカルトです)。

わりと恩恵を受ける事が多いので、最近ちょっと慶次の愛を打っているのでした。1/99のやつ。15Rもあるので、素敵な展開になるとじゃんじゃか増えます。だってさ、このタイプのST機で、一瞬でドル箱が5箱になるだなんて…。あたしゃ想像だにしてなかったですYO。こういうこともあるんですねえ。14連。4kで8000発。

最近ツイッターばっかりやね(汗;
たまには更新しないとってことで、7月一発目はなぜかギャンブル台「鬼浜外伝ハヤト疾風伝」からスタートです。

鬼浜シリーズと言えば、前作のコウヘイではよくわからないままに5000枚とか出ちゃった経験があるのは良い思い出です。しかしながら、毎度毎度アビリットさんの台は打ち手に優しくないですね。システムが意味不明です。ちょっとした事情があってアビリットはひいき目に見ることが多いのですが、さすがに今回の台は……

ちなみに、アビリットから社名変更(元に戻った?)して高砂になってますね。まあどうでもいいです。結果は-8kくらいかな。手持ちメダルで某Aタイプの天井狙いをして飲まれる寸前でBIG引いて即ヤメしたので。

続きを読む


このページの上部へ

ブログのURLが変わりました
システム乗り換えに伴い新ブログへ切り替えに伴い、URLが変わりました。

Hな街のパチスロライフ・函館実践日記(新)Hな街のパチンコ店・函館パチ屋観察(新)

新しい記事はそれぞれの新ブログか、
トップページからどうぞ

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村のスロットブログに参加中。


サイト内検索

タグクラウド