headerimage01.jpg

鉄拳3rdが好きでチャンスを見つけては(打つ理由を作っては)、よく打ってます。

  • rush抜け直後で捨ててある台を128Gまで
  • 350G位から500G台のゾーンまで(気が向いたら天井まで)
  • 初当たりが軽い台

こんな感じで打ってます。結果はトントンくらい?設定差があるのか、ラッシュ中のレベルで悪いとこばかり持ってきてしまうとボーナスを引くことが出来ないので、結果としてイマイチな差枚数になりがちですねー。でも、ラッシュ中の気持ちよさはここんとこのAT機の中では優秀で面白く、適度に夢も持てる感じなのでね...。

で、この日は朝から初当たりナシで300Gくらいはまってる台を苦し紛れに当たるまで回すかーと。360Gで鉄拳ZONEに入ったので、おそらく据え置きさんです。で、その後前兆に入らず、500G台突入で何も起こらずフリーズ高確率状態の画面に。てことは、あと140Gほどで天井かーと思いつつ頑張って回し、回し、ようやく天井到達。アタリマエのようにエンジェルは敗北。しかし...

tekken302.jpgなんどか赤7を引くも拳上乗せなしで、残り拳5というところで引いたボーナスの準備中、ぼんやりDDTしてたら中段チェリー降臨!おまけに、BAR図柄が揃う。

これは、中段チェリーなのか、確定役なのか?どちらにしても16384分の1を持ってきたわけか。

駄菓子菓子。ボーナス準備中に引いたらどーなんの?だいたいこの時にレア役を引くとボーナスが赤7のナビ付きになる昇格はあったけど。それ以外に何か恩恵があるのかなー?

と、普通に赤7。しかし、ナビ無しリプレイ時にリプレイのアイコンが(キング選択)並ぶじゃあないですか。

この通常のボーナス時にない演出、以前オーガチャレンジに当選していた時にも出た演出。これは、何かある...。

中段チェリーの恩恵なのか、それともたまたま、ナビ無しのリプレイで何かに当選したのか、それは謎だが...。

続きを読む

まさかの神展開、初打ちの「やじきた」で。

yajikita01.jpgこんなこともあるんですねー。「バーチャファイター」のCZ狙いで成功したものの出玉が110枚、「クレアの秘宝伝」で追加投資しつつ(夕方なのに朝イチ状態でカウントしながら打ったところ推定4くらい?)出した800枚を、鉄拳で500枚に減らした挙句、フラッと周期CZ狙いで座ったメーシーから発売された「やじきた道中記乙」で、なんだかこうなってしまったのでした。

「やじきた道中記乙」は、最大180Gの周期(平均で105Gで到達するそうな)ごとにATの抽選が受けられて、途中レア役から疑似ボーナスも当たり、ここでは周期の短縮抽選と平均150枚ほどの払い出しが受けられるというちょっとヨクワカラナイゲーム性。ヨクワカラナイってのは、周期抽選があるよーってことしか知らずに触ったからなんですけどね。

1回めの周期抽選を受けた後、画面が夜になり、なんだか天狗さんが旅に同行してくれたので、「もう一周期回したほうがええのかね?」と打ち進めたら、その周期でなんとかAT当選。多分当選は確定じゃないんだけれど、当選した場合のATゲーム数が天狗だと3桁になるというのは、なんとなく知っていたような知らなかったような、まあ、にわかですけどそろそろスロ歴も長くなって来ましたからね...野生のカンでしょーかね。

続きを読む

DSC_0501_350.jpg京楽が多大な宣伝費をかけて?開発した仕事人(リンク先は「パチスロ立回り講座」さん)。ライトミドルの祭は、間が絶妙なところが好きでいまでも打ちますが、パチスロはどうでしょうねー。基本的にはレア役→CZ→擬似ボorART直当たり→ARTみたいな流れのようで、ART中はイメージ的には北斗の拳転生のシステムに似ています。玉を貯めて、その分成立小役に応じた継続抽選が受けられますよーみたいな。

特化ゾーンのようなところでは、北斗転生以上に上乗せできますが、通常ART中はなあ...。そのくせ、逆回転やら役物やらで煽りまくるし...。実際に手にした出玉と演出の盛り上がりのバランスが悪いように感じ、打っていてしんどくなりました。

写真は、疑似ボーナス準備中に強チェリーリプレイかな?で昇格して、まあある意味プレミアム的疑似ボーナス扱いの出陣ボーナスの初当たりになったところ。このボーナスを引くと、小役高確率がついてくるので、玉がたまりやすいし、かつ途中でリプレイフラグではないレア役(かな?)を引くと出陣ボーナスが当たる可能性がある(そして、特化ゾーンは最初からに)。

ARTスタート時の玉は2個なので、なんらかの特化ゾーンでどうにかしないと、仕事人にお仕置きされる側に回ることになりますw

仕様が辛い分、多少通常時の回りは良いような気もしますが、ずーっと高確率な演出が続くこともあり、なんとも。。。

この時は、2時間近くARTを消化していたような気がするのですが、出玉は2k枚に届かない感じ。あまり事故らないような感じですし、増えるのも遅いし、通常の疑似ボーナスは雀の涙程度なので、積極的に打たないかなーという台ですねえ。

等価じゃなくなり、どうなる!?

出しきれない日々が続いた7月でした。8月から函館近辺は消費税増税に耐え切れず(?)等価になってしまうのですが、だからといって状況がいい方向へ変わるとも思えないですし、かつ、1日からは深夜1時までの延長営業が5日間。どうせ釘が悪いので、等価のうちにすこしでもプラスに持って行きたいものであります。

等価じゃなくなっても、どうせボーダーは等価レベルギリギリにしかならないだろうし...という諦めざるを得ないほどですわ。イベントが無くなってから恒常的に「悪い」からね。メリハリがないから余計に悪く感じるってもんで。ちょっとかエサをまくかしら?と思いつつ、結局給料日付近に締め、そのまま8月に突入~という雰囲気の店が多いような気がします。どこも7月初旬よりちょっとずつマイナス。牙狼の新台も控えてるしねえ。

相性のいいモンスタハンターのライトスペック

そんな愚痴はともかく、甘デジ「モンスタハンター」がなんとなく相性がいいような気がします。ハッキリ言い切れないのは、初当たりを引けない展開にも陥ることが多いからなのですが、一旦STにぶち込んでしまえば、なんとか出玉を作れるので本当に助かりますわ。なんせ、16ラウンドでしっかり出玉が残せるのは、期待値が高い台を終日回すような打ち方が状況的に不可能な現状としては、大変ありがたいのです。

この日は、投資1000円でアイルーステージっていうんですか?赤背景で、結構熱い印象のある先読みに入り、ドドブランゴさんが出てきちゃってカットインも緑で「あわや外れか?」という瞬間もあったんですが、難なく初当たり。ここまでの回転率はそこそこ良く、スペックが辛めなだけに甘く使ってくれているのか?という淡い期待。

とはいえ、右打ち時の電柱周りはマイナス、スルー部分もマイナス。しっかり止め打ちが成功できればかろうじて玉の消費は抑えられるかなあというくらいなもんで...。結局、連ちゃんが終わったあと、ちょっと打ち込んでみたものの悪夢のように回らない台という正体を現してくれましたよ。残念。そんなに甘くない。

ビッグシューターで16Rゲット!

そして、大好きなビッグシューターへ。玉を拾ってからV入賞までのプロセスが辛いからか、あんまり人気が出なかった台ですが、スパッとVに入り、16ラウンドを1/3でゲットし、かつ、ハネモノには珍しく?下アタッカーでわりあいきっちり出玉を取ることができることでお気に入りなんですよね。

それなりに稼働がついていたので、回転率に期待して座ったものの...それほどでもなく...。拾いが少しスムーズかなーという程度。おまけに、アタッカー周りがマイナス。後ろ髪惹かれながらやめようと思った瞬間に16Rゲット。この台ではプラス1000円くらいかな。

短時間でしたが良い展開に恵まれ、久方ぶりに気持ちいい実践でしたわ。まあ、甘デジ・ライトミドルを中心に立ちまわるなら、開始1万円以内にスパッと出玉が作れないと気持よくないし、勝てる可能性が一気に減ってしまうのでね...。

超久々にとなり町のダイナムまで。遊びに来ただけなので、1円でなんか運が良ければ出玉がまとまりそうな機種はないかしら~と店内を巡回していたら、やたら客と大当たりが付いている新清流物語が。

普段はあんまり射程範囲内の機種ではないので、私の中の新清流物語といえばライトミドルスペック。その台ががあったのも沖海3のミドル島だったので、ライトミドルスペックだろうと打ち進んでみたら程なく大当たり。

ラッキー!

とばかりに大当たりを消化していたら出玉がちょろろん。スペックを良く見たら、1/69!なんじゃそりゃ!1/99は設置を見たことあるけど、なんだこりゃ。おなじみダイナムオリジナルスペックかよ!とスマフォのブラウザを立ち上げたら、

加藤夏希結婚!

ニュース速報でてるしw
※加藤夏希さんは新清流物語に出演しています

色々タイムリーすぎてw

それにしても、ダイナムオリジナルスペック。。。しばらくダイナムへ行っていなかったので、そういうものがあることをすっかり失念しておりましたわ。

ちなみに、初当たりの後時短中に何度か引き戻し、4%しか振り分けのない16Rを当てつつ、1700玉くらいの出玉を得ることができましたけれど、その後あれこれ打ちまして、結果はくっそ負けでしたw

ざっと打ってみた印象としては、命釘をガッツリ締める感じではないものの、風車の上で左に玉が蹴られていき、へそに絡んでいかないのでちょっとね。しんどい印象でした。

samusupi.jpg

とあるホールを歩いていたら660Gくらいで落ちていまして、必勝本さんのサイトで調べると天井が999G。とりあえず、10本強で何らかの当たりにはたどり着けるだろうという気持ちで着席。初打ちの「サムライスピリッツ~剣豪八番勝負~」ですわ。えげつないスペックで有名な?SNKプレイモアが出した最近の台ね。

天井特典はボーナス放出だけなんですけど、なんか途中で当たりを引きまして、それ自体はすぐ終わったものの天国だったのかすぐに引き戻し、レアな継続率テーブルをゲットしたらしく、7連勝し、以降ボーナスの継続率が80%というところまで行っておいて、9戦目で死亡。ぉぃぉぃ。

イメージとしては、モンキーで艇王ロードを引き当ててパチンコのルパン三世のMAX機で初当たりを引いて即転落、みたいな。でもまあ、戦っている最中あれこれ上乗せして1900枚前後にはなったんで良かったんですけど、「これはもしや、閉店コースか!?」と写メったのも虚しく終了ですワ。

5月のヒキはうっすいとこ持ってくるというのがトレンドだったようで...。別の日にも「CRうる星やつら電撃ラブアタック247ver」で、当たりを引き、5連チャンするも、4R、2R(10%)、2R(10%)、4R(16%)、1R(14%)と。50%も割り当てがある16Rはどこへ行ったんだよ!?というありさまで、そこにしかいいところがないのに、この台...。残念過ぎる右手であります...。

SANKYOから出た「パチスロマクロスフロンティア2」(リンク先はnifty777)をやっと初打ち。

函館地区は2週間遅れくらいの導入なのかなー。前作ではよく事故を起こしてお世話になり、稼がせていただきましたので結構期待していました。今回は、失敗が多い全面液晶での登場。個人的には全面液晶はきれいで好きなんですよ。

そこそこ当たりを引けていて、ARTにも入っている台に着席。打てども打てども何も当たらない~というところで、CB中のレアチェリーでボーナス直撃。が、ARTなど当選するはずもなく100枚前後の獲得で終了。

この台はARTへの道がいくつかあり、メインが特定ゲーム数での抽選といえます。高設定になるほどCZやボーナスからの当選が増えるのかなー?という気もしますが、基本的には、ね。

ボーナス後はモード移行があり、ARTが当たりやすい天国モードというのがあるので、しばらく打つ。→駄目。一応熱いと云われているゲーム数333Gまで回して前兆をこなす→555Gまで回すハメになる→ART当たる→50G駆け抜ける→1260の天井狙う→直前でバケ^^^^^^^^^

そんな感じの初実践になりました。

その後、挙動が良さそうだった隣の台が520G付近で開いたので移動→当てる→トライアングルチャンス中にチェリー・強チェリーと引いて130Gほど獲得→ボーナス→600枚の獲得→ART期待G数まで回す→しょぼい枚数に→ヤメ、というね...。

ART中の音楽も音が小さすぎてイマイチ乗り切れない...。

個人的な印象ですが、ココ数ヶ月に出た新台は上乗せ特化ゾーンへのハードルがメタクソに上がっている感じがします。マクロスフロンティア2に至っても、どーやら、バジュラッシュへもクライマックスチャレンジ?というゾーンを当てなくてはならないようで(詳しくは不明)、そりゃ、何引いてもなあ。。。

要は、ART中に7を下段にイッパイ揃えるといいよ!事故を起こすといいよ!そーゆーことですね!

って、それならハーデスに金突っ込んだほうがマシやんけ!


このページの上部へ

ブログのURLが変わりました
システム乗り換えに伴い新ブログへ切り替えに伴い、URLが変わりました。

Hな街のパチスロライフ・函館実践日記(新)Hな街のパチンコ店・函館パチ屋観察(新)

新しい記事はそれぞれの新ブログか、
トップページからどうぞ

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村のスロットブログに参加中。


サイト内検索

タグクラウド