headerimage01.jpg

きまぐれ新台レビュー 一覧

5号機最初に出た「ドラゴンギャル」がえらい好きだったもんで、「ドラゴンギャル」シリーズがホールに導入となると、まずは触ってみることにしているんです。

ふらっとシマを通りかかったら、その日一番履歴が良い「ドラゴンギャル~双龍の闘い~」が空いていたので、座ってみました。

結論。

打つ必要がない台。
同じ新内規適合機種でも、麻雀物語3の方がよくできている。

と、いう感想です。

すえ吉にアレコレ語っていたら、「語る価値がある台の話しか聞きたくねー(・へ・)」とのことなので、思いの丈をブログに綴ることいしますw

その前に

・SNKプレイモア公式「ドラゴンギャル~双龍の闘い~
解析サイト「一撃」さん該当ページ

詳しい解析情報はきっとこれから出ることでしょう(・∀・)

続きを読む

20150218a.jpgよーやく、ちょろろんとオリンピアの「黄門ちゃま 喝」を触ることができましてん。サラリーマン金太郎で設定狙いなんてしたもんだから、投資できるお金がね...足りなかったからね...。

通常時がお酒飲んでるだけ、とか、歩いてるだけ、とかドライブしてるだけ、とか、「焼きたてのパンでーす」みたいな暇な台が多く、上乗せ特化ゾーンにすべての盛り上がりを集約させている傾向のあるオリンピアや平和のパチスロ。前作の黄門ちゃまもイマイチ打ち込めず、あたいにゃ、黄門ちゃまは合わないぜ......と呟いていたんですけど、何がどうなったのかこの「黄門ちゃま 喝」は通常時もわりとヒマじゃない。

かといって、すごく煽りが酷いわけではなく、煽った引き換えに液晶下部に表示されている「310(みと)ポイント」が溜まっていく。

リプレイなど通常小役や、その連続した成立、またはレア小役なんかで貯まる「310ポイント」は、貯まればCZの抽選やATの抽選を受けることができるって寸法。右下の赤い310ポイントはAT直撃の抽選なので、緑色のCZ用310ポイントに比べると溜まりづらい。AT機なので、当然ATにぶち込んでアレコレなんとやらしないと戦えないパチスロってなことで、まあ、普段は310ポイントが溜まりつつも捨てられているかわいそうな台を狙うことになります。

どうせ高設定なんて無いんですしね。

続きを読む

1月6日に導入スタートとなった、ロデオの「サラリーマン金太郎~出世回胴編~」にやられています(;´Д`)
といっても、-30kくらいですかね。。。心の記録によると3回実践しているので、最近のAT機を長時間実践した割には検討している方なのかもしれませぬ。しかも、5スロで+1900枚ほどになっているので、枚数換算で考えるとプラス...と言えなくもありません。

個人的には、なんとなくウマが合う機種なのですが、かなり好き嫌いがはっきりする機種であることは確かです。

続きを読む

DSC_0501_350.jpg京楽が多大な宣伝費をかけて?開発した仕事人(リンク先は「パチスロ立回り講座」さん)。ライトミドルの祭は、間が絶妙なところが好きでいまでも打ちますが、パチスロはどうでしょうねー。基本的にはレア役→CZ→擬似ボorART直当たり→ARTみたいな流れのようで、ART中はイメージ的には北斗の拳転生のシステムに似ています。玉を貯めて、その分成立小役に応じた継続抽選が受けられますよーみたいな。

特化ゾーンのようなところでは、北斗転生以上に上乗せできますが、通常ART中はなあ...。そのくせ、逆回転やら役物やらで煽りまくるし...。実際に手にした出玉と演出の盛り上がりのバランスが悪いように感じ、打っていてしんどくなりました。

写真は、疑似ボーナス準備中に強チェリーリプレイかな?で昇格して、まあある意味プレミアム的疑似ボーナス扱いの出陣ボーナスの初当たりになったところ。このボーナスを引くと、小役高確率がついてくるので、玉がたまりやすいし、かつ途中でリプレイフラグではないレア役(かな?)を引くと出陣ボーナスが当たる可能性がある(そして、特化ゾーンは最初からに)。

ARTスタート時の玉は2個なので、なんらかの特化ゾーンでどうにかしないと、仕事人にお仕置きされる側に回ることになりますw

仕様が辛い分、多少通常時の回りは良いような気もしますが、ずーっと高確率な演出が続くこともあり、なんとも。。。

この時は、2時間近くARTを消化していたような気がするのですが、出玉は2k枚に届かない感じ。あまり事故らないような感じですし、増えるのも遅いし、通常の疑似ボーナスは雀の涙程度なので、積極的に打たないかなーという台ですねえ。

SANKYOから出た「パチスロマクロスフロンティア2」(リンク先はnifty777)をやっと初打ち。

函館地区は2週間遅れくらいの導入なのかなー。前作ではよく事故を起こしてお世話になり、稼がせていただきましたので結構期待していました。今回は、失敗が多い全面液晶での登場。個人的には全面液晶はきれいで好きなんですよ。

そこそこ当たりを引けていて、ARTにも入っている台に着席。打てども打てども何も当たらない~というところで、CB中のレアチェリーでボーナス直撃。が、ARTなど当選するはずもなく100枚前後の獲得で終了。

この台はARTへの道がいくつかあり、メインが特定ゲーム数での抽選といえます。高設定になるほどCZやボーナスからの当選が増えるのかなー?という気もしますが、基本的には、ね。

ボーナス後はモード移行があり、ARTが当たりやすい天国モードというのがあるので、しばらく打つ。→駄目。一応熱いと云われているゲーム数333Gまで回して前兆をこなす→555Gまで回すハメになる→ART当たる→50G駆け抜ける→1260の天井狙う→直前でバケ^^^^^^^^^

そんな感じの初実践になりました。

その後、挙動が良さそうだった隣の台が520G付近で開いたので移動→当てる→トライアングルチャンス中にチェリー・強チェリーと引いて130Gほど獲得→ボーナス→600枚の獲得→ART期待G数まで回す→しょぼい枚数に→ヤメ、というね...。

ART中の音楽も音が小さすぎてイマイチ乗り切れない...。

個人的な印象ですが、ココ数ヶ月に出た新台は上乗せ特化ゾーンへのハードルがメタクソに上がっている感じがします。マクロスフロンティア2に至っても、どーやら、バジュラッシュへもクライマックスチャレンジ?というゾーンを当てなくてはならないようで(詳しくは不明)、そりゃ、何引いてもなあ。。。

要は、ART中に7を下段にイッパイ揃えるといいよ!事故を起こすといいよ!そーゆーことですね!

って、それならハーデスに金突っ込んだほうがマシやんけ!

5月第3週から函館では導入が始まった奥村遊機の「CRうる星やつら 電撃ラブアタック」(リンク先はnifty777の機種ページ)。もともと原作が好きなので、初代からなんとなく触っている機種の1つです。

今回は新筐体で登場ってことで、何が新しいかっつ~と、演出用ボタンの中にドラムが入っていて大きいってことと、役物としてドラムが付いているということですかね。

MAXとライトミドルの2スペックが今のところありまして、ライトミドルの1/247.3の方を主に打っています。というのも、右打ちで16Rが当たると2160発出るからで、早い当たりを引くことができればそれなりに勝負になると考えているがゆえ。いまのところ、思ったよりも回るホールが多いのは、ボーダーが高めなのかなー。18前後回ってくれると昨今の回らないホール状況を考えるとストレスレスに打てますね。

が、しかし、この台。圧倒的に演出バランスが悪いwもう、ひどいなんてレベルではありません。それゆえ、当たりを早く引けなかった打ち手は粘らずにさっさと撤退してしまうレベル。

というわけで、個人的にイライラした点をまとめてみます。文字ばっかりでなが~いので、お好みでどーぞ。

続きを読む

はい、ここ最近妙なヒキだけは強い私ですが、ついにバグまで引き寄せましたよっと。問題の機種は「鬼浜爆走愚連隊 友情挽歌編」。4月15日に新台導入されたばかりの機種ですねー。

面白いと聞いていたので、一度打ってみたいなあと思いつつ、ニューギンの信長の野望と同様にバグ報告がちょろっとあったりして、不安だったんですね。でも、信長の野望の延々ARTが始まらないバグに比べるとインパクトが小さいバグなので、すっかり忘れて夜に着席。

まあまあ、すぐにボーナスが当たるので打ち続けていましてん。

で、この台のシステムは、4種類の擬似ボーナスとATから構成されていて、基本的にはボーナス中の昇格や当選でATへ進むというもののよう。でさ、赤7揃は男ボーナスと呼ばれていて、ボーナス中のレア小役などでATの抽選を行なっている模様なのね。

でさ、赤7揃して、ボーナスの1G目で「確定なんでよろしく!」という画面が登場しまして、ATが確定の画面が出ました。リール左横にあるATランプも点灯、画面左上にATのストックが1つあるというアイコンも出現。まあ、特にナニもレア小役を引いていなかったので、

・準備中に引いた強バリバリ目
・ボーナスと同時にATが当選
・押し順ベルで奇跡の当選

のどれかかな?と思い、うち進めていくと…ボーナス終了後に一気にATランプが消灯、レバオンで通常画面w

もしかして、擬似ボーナス終了後に潜伏するの?と思いつつ打っても駄目。結局118G付近で天国でボーナス解除。すなわち、ATは当選してなかったと。

うわさのバグ、なのですね~~~~~。

発生条件は特に無いようなので、気をつけようもないですし、別に収支的に損をしたわけではないですが、割りとしょんぼりします。。。お店も対策しようがないしね、どうやらメーカーも対策しないというもありますし。

勝手に推測すると、準備中にすでに「男ボーナス」が確定している状態で、強めのレア小役を引くと本来ならば抽選されていないのに、演出的には当選したというフラグがついてしまうのかしら…なんてね。真相はわかんないですけれど。

打感もいいし、退屈しないし、そこそこ何かしら当たるし、たぶん、小さい奇跡を重ねればたくさん出せそうだし、割りとスロット台として良台だと思うんですけど、バグが有ると思うと安心して打てないっすよね~。ベルコはんは、ベンリーシステムとか言う前に、バグ対応などをしっかりなさったほうがいいかと。。。

8月6日に新台として導入された「押忍!!豪炎高校應援団」を打って来ましたよ。(公式サイト:http://www1.yamasa.co.jp/oed/ 音が出ます)

最近発売された台としては導入台数も多く、また、導入しているお店も多いので一応今後しばらくの主力機種になるのかな?ってイメージです。あまり状況のよろしくない(だけど、新台には"打てる設定"を入れる事が多い)店に行ってみまして、「打てたらいいな~」ぐらいの気持ちで「めぞん一刻~夏色の風~」の2,300GでBB10ART8の台をちょろちょろ回していたら、2kでボーナスの連打から、ロマンスタイムいきーのでフリーズ。そこから1500枚。(どうでもいいけど、めぞん、奇遇で上乗せに差があるのかな??)

甘リングや番長のゾーン狙いをしつつ、諦めて帰宅して仕事じゃ!と思っていたら、空き台が^^

座ったら、即前兆→駄目が2回。100Gほど回しているうちに、もっと履歴の良かった台が空いたので移動。250枚位の投資でスイカから「荒行チャレンジ」に突入。

どうやら、この台には擬似BBと継続率型のARTと2つのARTが搭載されていて、BBの方はゲーム数で解除しているとのことで、「精進モード」ってのが前兆にあたる演出らしい。入る前はまるでどっかの番長さんの台のように予兆演出が続くので打ち慣れた人ならわかると思う。4連続で同じ予兆なら熱い!とか。

で、「荒行チャレンジ」ってやつはモンキーターンで言う「超抜チャレンジ」。小役などでBB解除を目指す自力ゾーン。スイカを引くと演出が発生し、成功したら荒行に入ってました。

そこでまたスイカを引いたらBB解除。このBB中には継続率とG数上乗せベースのARTとBBの1G連の抽選をしていて、7が揃うと1G連が確定します。おまけに、7揃い後のMAXBET連打でリールが逆回転すると、鉄拳の頭突きコンボのような「根性アタック」に突入。ボタン連打で何回リールが逆回転するのか?で上乗せ数が決まります。ちなみに、赤7は揃い1個分、白7は揃い2個分(最低回数)のようです。たぶん。

ARTはレア役で抽選しているようですが、ぶっちゃけあまり期待度が高くなさそう。現実的な突入方法はREGBBに当たるARTで敵を倒すことがメインなのかな?と。

この日は、BB中に7が揃いまくり、あろうことか「根性」にも2回突入し、BBが13回も1G連するという暴挙。その間、1回もARTには…

しかし、G数解除ということはモード移行というやつもあるわけで、BBが終わったからといって即ヤメするわけにも行きません。とりあえず、128Gまでは様子を見るかなってことで打ち続けると、REGが出てきました。ここで、レア小役を引くと運が良ければARTです。ビギナーズラックというやつで、ARTに突入です。

ARTは結局5連?継続し、途中、上乗せ合計100G(レア小役の強めのものを引くと比較的乗りやすいイメージでした)。

ほぼ一撃で2300枚出てくれまして、新台に強いという特性(笑)を存分に生かしきれたんじゃないかと思います。

続きを読む

 最近は新台時期じゃ無いと設定もアレな感じなので、というのを言い訳に、ちょこちょこ触っているのですが、勝てないですねえ。なんというか、出ない時の救いがなさ過ぎますな。ボーナスが無いということと、雀の涙ほどしか出ない単発ARTの後、高確or前兆をこなす必要があるというゲーム性の性なのでしょう。

逆に言えば、何か事故を起こしてしまえば、簡単に数千枚を手にすることも難しくない感じになりました(が、リスクの方が高いので長い目で見て収支をプラスで安定させることが難しい)。

事故レベルのヒキが必要だからといって、低設定でも出るのかといえば、決してそうでは無いし、チャンスが減少するだけで出ちゃうこともある。逆に、高設定でもチャンスは豊富に訪れるのに全く引けない・・・というような減少が起きてしまったりして、まったくやりづらい。

おまけに、8月にイベントが規制されてからというもの、なんとなく狙うのが難しいというか、大雑把になりがちである。新台の頃だけぱーっと設定を入れておいて、、、というパターンも少なくない。いつ出すモードになるのか読めない。うーん。最近の傾向だと、新台導入1日目には設定を入れてくるホールさんが多くなったような気がしています。以前は、しばらくは回収だったようなホールさんも同様。

そんなわけで、据え置き狙いだったり、出た台の後をハイエナしたり、ちょこっと雅も触っています。相変わらずイライラする仕様ですし、まあ、ここ数回打った感触+ホールでの客付を見ると、年末年始を越えたら撤去かなという印象は変わらないです。そもそも新台なのに、客付半分って!逆に言えば、この数日が赤ドン雅をツモる最初のチャンス(北斗の導入と客飛びの早さで設定を使って延命措置的な)かもという印象ではあるのですが・・・

やはり、ヒキ損の多さがこの台の魅力を無くしているんじゃないかというのが結論です。そして、良かれと思って付けただろう「祇園メーター」が、ヒキ損に対する怒りを増幅させている。2chのどっかのスレに書いてあったが、「強制基盤ばっかり打ってて感覚がマヒしてんじゃね?」という印象です。

ARTである雅ラッシュに入ると、リールの右上に祇園メーターという10枠の円形メーターがでます。これが、ハズレやシングル、レア小役などで溜まっていき、10個溜まると次のARTが祇園モードになるという性質のもの。強い小役を引くと2個溜まったりするんだが、ほぼ10個溜めないと意味が無い上、ARTが継続した場合、このメーターは0から再スタートになってしまうのだ。

 

続きを読む

 函館では11月28日に導入となりました「赤ドン雅」。稼働のイイ某店で、夜18時過ぎとはいえぽちぽち空き台があるのはどうなの・・・という話なのですが、月曜・火曜と実践ホールは違えども、ざっくり打って来ました。

がっちり数えながら打っているわけでは無いので新台レビューですな。うん。

スペックなどなどは、お馴染みスロットマニアさんの該当ページへ。

ていうか、BIG設定差ないんかなー・・・。

続きを読む


このページの上部へ

ブログのURLが変わりました
システム乗り換えに伴い新ブログへ切り替えに伴い、URLが変わりました。

Hな街のパチスロライフ・函館実践日記(新)Hな街のパチンコ店・函館パチ屋観察(新)

新しい記事はそれぞれの新ブログか、
トップページからどうぞ

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村のスロットブログに参加中。


サイト内検索

タグクラウド