1月6日に導入スタートとなった、ロデオの「サラリーマン金太郎~出世回胴編~」にやられています(;´Д`)
といっても、-30kくらいですかね。。。心の記録によると3回実践しているので、最近のAT機を長時間実践した割には検討している方なのかもしれませぬ。しかも、5スロで+1900枚ほどになっているので、枚数換算で考えるとプラス...と言えなくもありません。

個人的には、なんとなくウマが合う機種なのですが、かなり好き嫌いがはっきりする機種であることは確かです。


パチンコ必勝本ライターの塾長さんもキレてますしね(笑)。近間岬さんは、導入直後に打ち、まあまあの印象を受けたようです。

私は初打ちの時にサラリーマン金太郎のウリ的な部分を味わってしまったので、ファーストインプレッションが良かったんですよねー。

サラリーマン金太郎~出世回胴編~のイチバンのウリとは

ティザーPVで、あれこれ煽っていますけど、私的に一番面白さを感じたのは、AT「金チャンス」中に押し順で揃うチャンスリプレイからの拳図柄揃い!

AT中にチャンスリプレイが揃うと、

  • 直乗せ
  • 上乗せ
  • 上乗せ+疑似ボーナス
  • 状態移行

を抽選していて、その出現頻度がちょうどイイ!50GのAT間で駆け抜ける心配も少ししながら、引く時はガシガシ引けるというね、バランス。これ大事。

押し順チャンスリプレイを引いて、1G~3Gの擬似遊戯を経て当選結果を表す演出という流れで、上乗せが決まるとボーナスの期待もできるというのが、イケイケ感を出している感じですね。

AT中、ボーナス当選確率は状態によって異なり、超高確率といわれる「天王山」まで登りつめると、およそ1/4の確率で抽選しています(らしいけど、私は10G完走したよね。。。)。

したがって、気持ちよく出そうな流れといえば、

金チャンス突入→押し順チャンスリプレイやらレア役を引く→状態を上げたり、G数上乗せしたり、疑似ボーナス当ててみたり→金チャンスのG数乗せる

というループ。

何も引かないと静かな台なので、なにか引いた時、当たった時の盛り上がりが凝縮されている印象になり、イケイケ感を楽しめるってことですな。

サラリーマン金太郎~出世回胴編~の設定推測要素

まだ解析があまり明らかになってはいません。現状では、

  • 金チャンス初当たり時複数ストック
  • 金チャンス非当選時BIGボーナス終了時画面の文字色(ヒョウ柄なら高設定示唆?)
  • 状態移行率
  • 600G天井(通常Bモード選択率)の頻度
  • 初あたり時のAT選択比率

といった部分に設定差があるということですが、なかなかサンプルが取れないですよねw

個人的にこれまで、1万ゲーム位は回していますが、体感しているのは、

  • 設定が良さげな台を打っている時は擬似遊戯に良く行く(気がする)。
  • その結果、高確率示唆ステージに移行しやすい
  • 通常時レア小役からの直当たり(弱チャンス目、ハッピ)頻度(青IGになりやすいかな?)

何かしらの当選の流れとしては、

なんでもいいので小役を引いて高確率状態(=チャンスリプレイの押し順が出る)へ行く→そこでチャンリプ連打

ってイメージなので、高確率状態にあっても、押し順チャンスリプレイを引けないとどうしてもクソはまりしてしまいます。よって、高設定でも噛み合わせが悪いと厳しい展開になりがちですが、やはり、高確率状態により多いG数滞在するということは、初当たりを引けるチャンスも多いということで、体感的に「しんどい遊戯」じゃなくなる感じです。

なんせ、とにかく高確率で押し順チャンスリプレイを引かないと、なかなか演出発展すらしませんからねwwwほんと、通常時は苦行ですワ。これは、まあ、他のロデオ系の機種にも言えるのでね、敢えてそう設計しとるんやね。

その分、前兆や熱めの演出が本当に熱い!メリハリがきいたゲームデザインだといえます。

でも、本当に通常時は苦行なので、低設定をなんども打たされて、挙句の果てにBIGしか引けず、なおかつ40%で金チャンスに当たると言われているのに単発終了だったりすると、台を投げ捨てたくなるのも事実。