2012年8月の記事一覧

なんちゃって新台ハンターのえまのんですw

いやはや、どこも大量導入ですごいですねえ。他の機種の釘が影響受けまくりで、締めっしめ!そんなわけで、ぽこっと開いていた新台のぱちんこAKB48に座ってみました。ひとまず、客もついているので、まあまあまともにストレスがたまらず(これ大事)回せる台ならいいやってなもんです。

ちなみに、ぜんぜんAKBには詳しくないのです…テレビ見ないのでネ。

スペックは1/199のライトミドル。
初当たりの50%で確変ゾーン(というか、右打ちでV入賞が狙える)ミュージックラッシュに突入。後の50%は、8ラウンド分1000玉弱の出玉のある大当たりですな。こっちのやっすい当たりを引いてしまうと時短がつかないので、悲しいことになります。右打ちになるとその50%が2000発当たりになるので、うまくループさせられればまあ、ライトミドルなのにイッパイ出ると思われます。

スペックなどは、777@NIFTYさんが詳しいですね。

続きを読む

北斗・番長2体制を一新するのか?と思われる新台入替ラッシュの夏、皆さんいかがお過ごしでしょうか。相変わらず台数的には番長2だったり北斗だったり、まあ、バジリスクとかねその辺が多いような気もしますが、本当に立ち回りようがないですねー。どの台も設定よりも一発のヒキだったり、細かいヒキとめぐり合わせの積み重ねだったり、そんな機種ばっかりなんだもんね。

といっても、やはり試行回数が多く、長い時間打つとなると低設定よりも高設定らしき台を回し、期待値を稼がざるを得ない部分もありますが。本当に悩みどころですよねえ。おまけに、昨年のイベント規制以来、店側の意志もハッキリ見いだせないことが多かったりするのでなおさら、適当に打ち散らかして、くじ引きのような偶然の幸せとのめぐり合わせを楽しむ、そんなパチスロなのにパチスロと呼べないような状況だったり。

しかし、最近感じることですが、殊に函館においては打ち手のレベルが低下している感があり、

・より早く知識を仕入れる
・コレまでの経験を踏まえて、自分なりに台のシステムを思考する
・台の様子に目を光らせる

というような点に力を入れることで、結構美味しい思いができることが増えているのもまた事実だったりします。

例えば、先日導入になった山佐の「押忍!豪炎高校應援團」ね。元になってるのは「モンキーターン」のテーブル解除システムと、別メーカーの大都技研「押忍!番長2」の前兆とかその辺の演出面。他にも取り入れたものはあるようですが、主にそんな感じに見えます。

もちろんそれだけじゃないんですが、この2つのポイントを頭に入れて台を見まわることでかなり「負けずに/少ない負け額で」チャンスを掴むことができるかと思います。

最近の台には珍しくもなく、解除はただのチャンスへの足がかりだったりするので、その後の展開は打ち手のヒキ次第なのですが、闇雲にうんとこどっこいせー!と打つよりは、勝率があがるんじゃないかなーと思います。導入されて間もないということで、前兆中のママ辞められてる台なんかもポロポロありますしね。

続きを読む

8月6日に新台として導入された「押忍!!豪炎高校應援団」を打って来ましたよ。(公式サイト:http://www1.yamasa.co.jp/oed/ 音が出ます)

最近発売された台としては導入台数も多く、また、導入しているお店も多いので一応今後しばらくの主力機種になるのかな?ってイメージです。あまり状況のよろしくない(だけど、新台には"打てる設定"を入れる事が多い)店に行ってみまして、「打てたらいいな~」ぐらいの気持ちで「めぞん一刻~夏色の風~」の2,300GでBB10ART8の台をちょろちょろ回していたら、2kでボーナスの連打から、ロマンスタイムいきーのでフリーズ。そこから1500枚。(どうでもいいけど、めぞん、奇遇で上乗せに差があるのかな??)

甘リングや番長のゾーン狙いをしつつ、諦めて帰宅して仕事じゃ!と思っていたら、空き台が^^

座ったら、即前兆→駄目が2回。100Gほど回しているうちに、もっと履歴の良かった台が空いたので移動。250枚位の投資でスイカから「荒行チャレンジ」に突入。

どうやら、この台には擬似BBと継続率型のARTと2つのARTが搭載されていて、BBの方はゲーム数で解除しているとのことで、「精進モード」ってのが前兆にあたる演出らしい。入る前はまるでどっかの番長さんの台のように予兆演出が続くので打ち慣れた人ならわかると思う。4連続で同じ予兆なら熱い!とか。

で、「荒行チャレンジ」ってやつはモンキーターンで言う「超抜チャレンジ」。小役などでBB解除を目指す自力ゾーン。スイカを引くと演出が発生し、成功したら荒行に入ってました。

そこでまたスイカを引いたらBB解除。このBB中には継続率とG数上乗せベースのARTとBBの1G連の抽選をしていて、7が揃うと1G連が確定します。おまけに、7揃い後のMAXBET連打でリールが逆回転すると、鉄拳の頭突きコンボのような「根性アタック」に突入。ボタン連打で何回リールが逆回転するのか?で上乗せ数が決まります。ちなみに、赤7は揃い1個分、白7は揃い2個分(最低回数)のようです。たぶん。

ARTはレア役で抽選しているようですが、ぶっちゃけあまり期待度が高くなさそう。現実的な突入方法はREGBBに当たるARTで敵を倒すことがメインなのかな?と。

この日は、BB中に7が揃いまくり、あろうことか「根性」にも2回突入し、BBが13回も1G連するという暴挙。その間、1回もARTには…

しかし、G数解除ということはモード移行というやつもあるわけで、BBが終わったからといって即ヤメするわけにも行きません。とりあえず、128Gまでは様子を見るかなってことで打ち続けると、REGが出てきました。ここで、レア小役を引くと運が良ければARTです。ビギナーズラックというやつで、ARTに突入です。

ARTは結局5連?継続し、途中、上乗せ合計100G(レア小役の強めのものを引くと比較的乗りやすいイメージでした)。

ほぼ一撃で2300枚出てくれまして、新台に強いという特性(笑)を存分に生かしきれたんじゃないかと思います。

続きを読む



このページの上部へ

ブログのURLが変わりました
システム乗り換えに伴い新ブログへ切り替えに伴い、URLが変わりました。

Hな街のパチスロライフ・函館実践日記(新)Hな街のパチンコ店・函館パチ屋観察(新)

新しい記事はそれぞれの新ブログか、
トップページからどうぞ

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村のスロットブログに参加中。


サイト内検索

タグクラウド