ざわ・・

ざわ・・

すっかりカイジで福本ワールドにハマってしまった私が見逃す訳にはいかないですねー。パチスロ「銀と金」、すでにガチで2回ほど打っています。ガチっていうか、真面目に打つっていうか。

twitterの方でもつぶやいたのですが、ところどころ残念な部分がありつつも、ゲーム性やおもしろさは私好みです。本機のウリは、ART中の上乗せCZ「供託金モード」。レア小役でCZに当選すると発動。抽選の仕組みはよくわかんないけども、まあ、やらかす時にはいきなり800Gとか上乗せしちゃうわけです(この前、上乗せしてた。隣の台がw)。

ボーナス重複のメインはチャンス目(1枚役)ですが、重複率が高すぎるのは低設定の証でもあり、高設定ほどスイカから当たるというルートが大切になるようです。そして、出玉をプラス方向に持っていくために欠かせないのが通常時からのART当選。こちらは、奇数設定の方が優遇されているようです。なんだか大型攻略ムック本なんかも出ているようで、タイヨーエレックさんの本気ッぷりがみてとれます。

流れ的には、レア小役・ボーナスを契機に高確率へモードアップさせて、そこでさらにチャンス目や強チェリーを引いてARTをめざし・・・上乗せとボナで出玉を獲得するっと。

低設定でも一時的に出玉を獲得することも可能な台ですが、低設定は激辛です。


 初打ちの時は、朝からチャンス目やスイカでボーナスを引き続け、適度にARTを引いたりして投資を抑えつつ、ある時期一気に1000枚ハマリ、そこからフリーズでストック5個が確定し、ボーナス確率も設定6並みに戻り、一撃4000枚を達成。この時は小役も当選率もART的な意味も、ま、設定要素は◎。ただ、設定6の確信が持てなかったので、出きったところで止め(そこから更にハマリを乗り越える根性が足らなかったともいふ)。

2度目に打った時は、4k投資で9k回収できたので、+5kで終われたものの、実践としては低設定だと判断してヤメ。ツモれず残念でしたが、見切って止められたのでその点では満足です(ちなみに、その後-2000枚以上になっていますた)。

展開としては、朝イチから満遍なくBIGが当たり、飲まれる前にBIG、そしてBIG中に7揃いでART、高確中チャンス目でARTなどうっすら朝の反応が悪い高設定?と誤解するような挙動ではありましたが、いかんせん、レア小役が満遍なくしか引けない。これでは、せっかくのARTも延ばせないし、ボナも当たらない、高確率にもいかないってなもんでどうしようも無い。総回転数2000G当たりまで様子をみても、全く出現率が上がらないドコロか、ちょびっとずつ下がってくる(この時点で弱チェ・強チェ・スイカ・チャンス目、全てが設定1以下)。出玉を維持できていた原因に設定差が無い単独ボーナスが2回絡んでいたことも有り、プラスのうちに見切って終了というわけです。

とにかく、レア小役をART中に引かないとお話になりませーん!…という台です。でも、演出も意外に整理されているし、熱くなりどころもしっかりしていて、好きな部類の台です。ただREGにあまり恩恵が無いのが頂けないですなー。もう少しART確定する赤7揃い出現率を上げてくれてもよかったのにーと思います。

供託金モードでがっつり上乗せするまで打つよ、あたしゃ。