雑記 一覧

ブログシステムを変更したため、URLが変わりました。

新ブログはこちら!

記事のうち、書き直したもの、アクセスが多めのものは新しいブログへも移しているのでそちらへアクセス下さい。ブログ名などなど変わりありません。

函館市内の一部のパチンコ店で貸玉・貸メダルの料金が変わったようです。具体的には太陽グループ、イーグルグループの各店、あと北斗市のゴッドステージ。函館エリアに関わらず同一グループ店で変更になっているらしく、P-Worldの各店舗ページに貸玉・貸メダル料の掲載があります。
ほとんどは1円パチンコが貸玉200円175玉に変わり、20円スロットは1000円で47枚に。※8/11訂正
貯玉利用制限同様、積極的な店内告知をしてない店もあるようなので、あとで気付いてがっかりしないように注意しないと。

それにしても、換金率変更に釘や設定状況が合ってない(等価の時と同様かそれ以下)感触の店が多い中、貸玉料まで変更するとはなぁ。すでに稼働状況の優劣が見えてきそうな中で、こりゃ厳しいなぁ。困ったからなのか単に強欲なのか。
打つ店は客が選べるのでいいんだけど。

2014年8月1日から函館市内のパチンコ店の換金率が一斉に変わったので、判明した換金率をメモしていきます。端数の絡みもありざっくり計算なので単価の値は多少曖昧かも。随時更新。(カッコ内は確認日)

今のところ、だいたい1割強の換金ギャップと思っていていいのかな。
換金率が全店同じなのかまだわかりません。

※1パチ5スロ等は未確認。
※確認日にはそうだったというだけで、今後も下記内容が同じかどうかは不明です。自己責任で。

続きを読む「函館エリアのパチンコ店 換金率メモ(8/11更新)」

2014年8月1日から換金率が変わった函館市内のパチンコ店、1日あたりの貯玉制限告知も出ていたので、見かけた内容を随時追記していきます。(カッコ内は確認日・制限数順ソート)

※1パチ5スロ等は制限内容が違うことがあります。
※制限内容は店側の都合で変更できるので、上記内容が固定ではありません。

8月1日の換金率変更開始の日、2店ほどで会員カードの貯玉利用の制限についての告知を見かけました。

ライジング函館五稜郭店/パチンコ2600玉・スロット500枚
ロイヤル函館店/パチンコ5000玉・スロット1000枚

再プレイ手数料無料と引き換えとはいえ、貯玉利用制限ってここまで厳しいもんかな。特にライジングくらい厳しい制限だと、貯玉再プレイでの換金ギャップ節約はほぼ無理ですね。リピーターいらないのか?ってより、それでもみんなどうせ来るよね?と思ってるんだろうな。
今月はたぶん出来るだけいろんな店を覗くつもりなので、他店の状況まとまったらまた書きます。

続きを読む「貯玉利用制限こんなに厳しいもの?」

昨日から函館エリアのパチンコ店は換金率が一斉に変わりました。ラの付く某店だと、コイン換金率は5.6枚っぽいとのこと。パチンコの換金率もわかり次第書いたり更新したりしていきますが、概ね1割ちょいの換金ギャップってことなのかな。全店同じなのかと合わせて8月中にわかればいいなぁ。
この換金率って、同じタイミングで組合名義での換金率変更が告知されてた札幌について見かけた換金率と同じくらい。札幌でも換金率変わるんですね。

ウェブでざっと見る限り、旭川や釧路で換金率の告知を掲載してる店舗ページはなかったんだけど、どうなんでしょう?北海道内一斉というわけじゃないのかな。

結論:換金率変更はほぼ全店でした。確認した数店全てで20円パチスロは5.6枚交換(約17.85円)、4円パチンコは28個交換(約3.57円)。なお、一部の店での貸玉貸メダル料変更一日あたりの貯玉利用制限があるので、実際に打つ前に注意が必要。

IMG_1778_cut.jpg
※7月5日、函館市内某店にて

7月に入ってから、函館市内のパチンコ店で写真のような換金率変更についての告知掲示を見かけています。とうとう函館エリアのパチンコ店でも等価交換じゃなくなるらしい。
変更日は8月1日、あと1ヶ月を切ってます。
告知名義は「函館方面遊戯業協同組合/函館方面遊戯業防犯協力会」、文面では「函館方面の全ての遊技場では」とあるので、ほとんどのパチンコ店で等価交換じゃなくなるんだろうと思うんですが、今日現在まで立ち寄った店で掲示を見かけたのはパチパチ湯の川店/パチンコボンボン/ひまわり函館店、逆に見かけなかったのはマルハン函館港店/ロイヤル函館店でした。

換金率変更まであと1ヶ月を切ってるのに店内掲示がないのも遅い気がするので、換金率変更が必ずしも函館市内全店じゃないのか(特に大手系列店)、先に会員向けに個別案内をしているのか、どうなんでしょうね~。

消費税アップから4ヶ月の今頃になって換金率変更に踏み切った事情はいろいろ勝手な想像してしまうけど、このまま辛くてツラい、ツマラナイ状況の店ばかりで次の消費税アップを迎えるより、何か変わるきっかけになるならいいのかも?なんて思ってますが。どう転ぶのやら。
ところで、換金率いくらになるんだろ。

※追記:その後7/11までに、ライジング函館五稜郭店、プレイランドハッピー本通店で掲示を確認。いくつかの店では出入り口での掲示がなく、店内掲示も大きくないし1箇所だしでアレ
※追記:ロイヤル函館店でも換金率変わる旨の掲示があったので、文面通り、函館市内ほぼ全店な感じ。
※追記:大手を含めて、今月24日までに行った9店では全部告知がありました。8月に入ったら換金率がわかった店から書いて行きます。会員カード作成&貯玉しなくちゃいけませんね~。

日課のようにパチンコ店に通うオッサンです。仕事と体調が許せばどこかの店を選んで1日2~3時間くらい回します。以前は仕事がなければ丸一日いることもあったけど諸事情で難しくなりました。

目押し力はかなり低め、パチンコも釘が読めないので、見た目明らかに変じゃなければ回してみる。パチ歴は4号機の花火の時代にパチスロとハネモノを少し。間があって5号機時代は初代うる星とかルパンとかリンかけあたりから復帰。そんな感じです。

昔から、パチンコ・パチスロを打つ行為は小さな投資だと思ってます。自分の手でどうしようもできない部分、設定や釘はまず店選びからの台選び、そこまでが投資の半分。その半分があっての選んだ台との押し引き、自分のヒキとヤメ判断への投資が残りの半分。店・台選びから間違ってたと気付いたらマッハで撤収が吉ですマジで。

元々、パチスロを回すことやパチンコを打つ・玉を扱うこと自体が好き、というタイプじゃありません。それなりに好きだけど、店や台(設定)や展開との押し引きを誰にも邪魔されずにやれることの方を気に入っている、そういう人間。台と押し引きしている間は基本一対一、仕事や人間関係、大きくは人生のアレコレは無関係。そういう種類のじくじくしたストレスはその時だけは無縁です。
気持ちよく押し引きできない不快な台や店はその場ですぐヤメればそれ以上イライラしないし、大事な自分の金と時間は、より気持ちいい店や台を探すこととか、ウマいメシに使ったほうがいい。

ここ2~3年、一度に長時間打たなくなって、昔ほど「6じゃないと」とか期待値とかの数値は気にしなくなりました。計算上の数字通りになるほど1台を長く打てないし。回せない台や低設定はイヤだけど、それに拘っているうちに時間が来てしまう。
そういうわけで、天井狙いやゾーン狙いを何台も繰り返すような探し方も減った。勝率安定するほどの台数こなす余裕がない。
それよりストレスが少ない方とか居心地とか、やめたくならない回り具合とか、あと、次また打てるように少ない出玉でもコツコツ流すとか、ダメな今を粘るより明日出直す、そういうことを気にしてます。

そういう打ち方してると、高設定入りそうとか回りそうな日の大型店で台取りを競うより、そこそこな台の在り処を知ってる・辿り着けるあまり混んでない店のほうがいい、そう思うようになって来ました。「あの店はこんな店」もそんなことを思ってるヤツが書くものなので、ガチで打ち込んでる人とはちょっとズレてるかも知れません。

主に函館市内パチンコ店を紹介する記事「あの店はこんな店」を読む前に気をつけてほしいことを書いときます。どれも当たり前のことではあるんですが、言われてみて「そりゃそうだよな」と思うこともあると思うので。

  • 函館のパチンコ店選びの参考になるようにと思って書いています。
  • 結果の勝ち負け指南を目的にするものではありません。
  • 普段打ちに行くパチンコ店は割と固定しがち。じゃぁ他に店を探そう!と思ったとき参考になるものが何もなかったので、そんじゃ打つ側から書いてみるか、そんな感じです。
  • 書いていることは、本人が自分で見たこと、自腹で回して打って体験したことに基づいています。
  • 記事を書いた時点での体験記と公開情報の集まりでしかないので、将来の内容の確実性に何も保障はありません。内容は年一度は書き直そうと思ってます。
  • 実体験に基づいているのでどれも見た起きた事実ですが、所詮一人の行動範囲、そのパチンコ店の実態の一部でしかありません。
  • それでもまったく知らないよりマシなはず、そう思ってできるだけ客観的に書きます。その時の雰囲気を平たくまとめたものとして読んでください。
  • 店内の稼働や雰囲気は時間帯や曜日・月・時期によって大きく変わることがあります。台の状態も同様。設置機種や台数や島配置も同様に時期によって大きく変わります。
    ※文章の元になった最も近い実戦月を必ず段落のはじめに書いてあるので参考にしてください。
  • 最低でも2日(2回)、(旧イベント日じゃない)平日と日曜日にその店に打ちに行った経験からまとめます。
  • その店での収支についての感想は記事に書かないので、展開の一部は書いても実戦結果の収支は書きません。
  • 釘の削りのキツさなどは写真や実戦データを示せないので、基本的に大雑把な感想として書きます。(甘~普通~辛~大辛、とか)これもその時その台がそうだった、という程度の感想に過ぎず同じ台でも別の日は違うことも普通にあるので、あまり参考にならないかも知れません。

最近改めて函館のパチンコ店を回ってみて、こんなことを思っています

  • 改めて通ってみると、店ごとに特徴があってけっこう面白い。
  • どんな店にも必ず通う常連客がいる。
  • パチンコ店は利益のために営業してるんだから、店が行うこと、店の今の状態は利益を求めた結果そうなっている。新台1台ざっくり40万、固定費、光熱費と人件費などなど、求める利益も経費を補った上での話。厳しいからより辛い。
  • パチスロはほとんどが最低設定、当然だししょうがない。イヤなら一切打たず、回す意味がある時だけ打てばおk。最近のAT機はヒキがないと設定があっても出ないし。
  • 釘もアチコチ削ってあって当然、問題は許せる範囲かどうかってだけ。例えば、右打ち中にスルーが頻繁に途切れる、時短中上皿が半分以下になるような状態まで行くと二度と打ちたくない。