8月1日の換金率変更開始の日、2店ほどで会員カードの貯玉利用の制限についての告知を見かけました。

ライジング函館五稜郭店/パチンコ2600玉・スロット500枚
ロイヤル函館店/パチンコ5000玉・スロット1000枚

再プレイ手数料無料と引き換えとはいえ、貯玉利用制限ってここまで厳しいもんかな。特にライジングくらい厳しい制限だと、貯玉再プレイでの換金ギャップ節約はほぼ無理ですね。リピーターいらないのか?ってより、それでもみんなどうせ来るよね?と思ってるんだろうな。
今月はたぶん出来るだけいろんな店を覗くつもりなので、他店の状況まとまったらまた書きます。


っつーかさ、
長年の右肩下がりの客数や利益の落ち込みに加えこの4月の増税、さらに次の増税を睨んでいよいよ等価交換を外したんだろうけど、それもこれも店側が自分達の利益のために勝手に決めて変更しただけのこと。結局しわ寄せは全部客側かよ。
さらに実質上の貯玉再プレイ潰しとか、客から都度金取る以外考えてないからなんだろうし、それをずっとやってきたから今、店も業界もそんななんだろ?って。
でもって、警察庁側の見解でも「好ましくない」ってされてるわけでしょ。2012年4月の見解だと。それでもこういうこと続けててそのうち貯玉制度自体もやりづらくなって、結局不利益はまた客に来るんだよねぇ。

元々函館では、夏の深夜営業期間(今なら8月5日まで)は到底甘い状況は見込めないんだけど、それが過ぎたあたりに換金率に見合った状況を作って今後も客と長く付き合っていこうとする店と出会えるかねぇ。
そんな店そもそもあるのか(笑

年末に向けてあちこちの店で1円5円島さらに増えたりして。