随分書いてなかったみたい。年をとると時間の経過が早いといいますが、本当にその通り。っつーか、ますますもって安定した収支を見込める機種が減少し、ギャンブル性が高い台が増えましたね。

そんな中、年末に登場した「秘宝伝─太陽を求める者たち─」は、まあ、一応、キッチリと設定差がついているわけで、大量導入しているお店が多いということも含め、最近のメイン稼働機種になりつつあります。

でさ、まだ解析が出揃っていないんだけれど、パチスロ攻略マガジンのサイトに曰く、RB中のカード選択率に設定差が有るとかでね・・・まんまとツラれたんですが、ホント、この情報はいくら実戦値だといっても、ガセなのではないか?という疑惑が打つごとに深まっています。

設定456で1枚目から6枚目までは銀カードが出現する割合が高く、7・8枚目では金カードが出れば設定5・6、そしてレアカード(ビックリマンシールのようなやつ)出現が設定4・5では出現率が0%とか書いてあるんですが…

8枚目の金カードなんてホント頻繁に見るし(そして、他の設定判別要素が弱い)
8枚目のレアカード出た台でもスランプグラフは店側に大幅プラスだし、チャンス目からの高確率は設定1以下だしね…

さらにいえば、割り当てがないとされている6枚目の金カードも見たような気がする(見間違えでなければ)。そんなわけで、朝っぱらからRBでレアカード、次のRBで8枚目に金カード、共通ベルは設定5・6の値、チェリー/スイカからのボーナス当選も設定6レベル・・・の台でおよそ6000G回して-3000枚でしたけれど( ´Д`)なにか?

まあ、いずれ1ヶ月もしないうちにRB中のカード振り分け設定差についてはきっと明らかになるのでしょうけれど、私のような被害者(笑)が増えないようにメモを残しておきたいな、と思います。当然ですが、本当のところの設定はブラックボックスですよっと。

続きを読む