1月は、パチで稼いで2月はパチで散財しましてん。。。

レアな所を引いちゃうヒキが、悪い方に作用するとこうなりますねん。。。ま、しょせんはパチンコですから。仕方の無いことです。養分ですね。

新台導入進んでいますが、どれもこれも「危険?」なスペックが多く、なかなかしっかり打ちに行きたい気持ちになりませんねー。緑ドンは事故らないと勝てない気がするしね。1月に「俺の空」で、たぶん設定5or6をツモって4000枚強出したのを最後に、まともに立ち回って勝った記憶が遠い彼方でございます。とほほ。

朝からガチ実践というのも忙しかったりなんだりかんだりで出来なかったしね。

結局の所、ガチで打ててなおかつ、設定もまあ入ってるという機種が現段階で「アントニオ猪木」。私にとっては彼しかいないのです。しかし、闘魂注入してくれず、先日の朝実践ではデータ上は設定8くらいなんだけど、出玉が設定1みたいな悲しい状況に。

立ち回り的には、

スイカ重複率
チェリー重複率
高確中のチャンリプ・チャンス目からのART

を重視していたのですが、これに加えて、低確時のREGからの闘魂注入ってのも考えないとダメみたいね。と、把握したところで機種自体の旬が終わっちまうという。

 

しかし、猪木のノリノリ感は一度味わっちゃうとクセになるっすね。