まさかの神展開、初打ちの「やじきた」で。

yajikita01.jpgこんなこともあるんですねー。「バーチャファイター」のCZ狙いで成功したものの出玉が110枚、「クレアの秘宝伝」で追加投資しつつ(夕方なのに朝イチ状態でカウントしながら打ったところ推定4くらい?)出した800枚を、鉄拳で500枚に減らした挙句、フラッと周期CZ狙いで座ったメーシーから発売された「やじきた道中記乙」で、なんだかこうなってしまったのでした。

「やじきた道中記乙」は、最大180Gの周期(平均で105Gで到達するそうな)ごとにATの抽選が受けられて、途中レア役から疑似ボーナスも当たり、ここでは周期の短縮抽選と平均150枚ほどの払い出しが受けられるというちょっとヨクワカラナイゲーム性。ヨクワカラナイってのは、周期抽選があるよーってことしか知らずに触ったからなんですけどね。

1回めの周期抽選を受けた後、画面が夜になり、なんだか天狗さんが旅に同行してくれたので、「もう一周期回したほうがええのかね?」と打ち進めたら、その周期でなんとかAT当選。多分当選は確定じゃないんだけれど、当選した場合のATゲーム数が天狗だと3桁になるというのは、なんとなく知っていたような知らなかったような、まあ、にわかですけどそろそろスロ歴も長くなって来ましたからね...野生のカンでしょーかね。

続きを読む